プロフィール

◎会長:佐々木繁光(ささきしげみつ)
1957年8月、千葉県市川市に生まれる。
日本大学薬学部卒業、日本鍼灸理療専門学校卒業。

薬剤師となり、病院に勤務していた時、宮本紘吉先生に出会い、内弟子として入門、師匠の下で様々な治療法を学ぶ。

師の没後、その意志を継ぎ、平成22年、「佐々木式新正体法」を確立、師匠の創始した「新正体法」と各種手技療法の統合を果たす。

トライアスロンでは宮古島ストロングマン3回完走、アイアンマンジャパン長崎1回完走。現在もアイアンマンハワイを目指して鍛錬を重ねている。

薬剤師

鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師

新正体法研究会々長

佐々木整体治療院代表

肥田式強健術研究会々員

合気道初段、柔道初段

◎副会長:門倉康子(かどくらやすこ)

1963年千代田区に生まれ、鎌倉で育つ。

東京マックス美容専門学校卒業。
マックスファクター株式会社にて主に新製品の開発業務に携わり、出産・育児のために退社。
3年間の海外駐在中にダンスに出合い、以来20年以上、クラシックバレエを中心にダンスを継続する中で「身体」への関心を深める。
フェルデンクライスメソッド、ロルフィング、シン・インテグレーションなど、様々なボディワークを通じて可能性を探求。また、主にセルフケアや身近な人へのケアを目的として筋膜リリース法を学ぶ。
1999年よりバレエの総合サイト「ballet ballet ballet」並びに教室情報サイト「大人だってバレエ」を制作運営。 
健康ジャーナル社刊『バレエがやりたい』(2002年5月)、『週末はバレリーナ』( 2006年4月)に寄稿。
「パワー・オブ・タッチ」という本を通じてタッチケアに関心を持ち、タクティールケアの認定資格を取得。
コンセプトである「心身にやさしいアプローチ」の幅を広げるべくマニュアル・リンパ・ドレナージュ、ヘッドスパ、さとう式リンパケア等の技術を学ぶ。
また、施術時のみでなくクライアントさんご自身によるセルフケアによって、改善された状態を維持して戴き、更にその先の美と健やかさを目指していくために「新正体法」「さとう式リンパケア」など、『自らよくなる、自立支援』の方向性を持つ健康法の学びを継続中。 

Blissful Touch主宰

◎理事:小林博満(東京都豊島区 ☎ 070-6671-3365/mail hands-k@willcom.com

◎理事:渡部恭典(埼玉県草加市 ☎ 048-931-6757 /090-7408-2355)